fc2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

2006-4-27「いか超」勉強会

いか超」の読み合わせ。前回の続きより

P175~P184まで読み進めることができた。
◆意識の持続性の獲得
●「もっぱら感覚的知覚だけに頼ろうとする人は、その作用の原因にまで到ることはできない。」「感覚界の事物は決して感覚的知覚に現れるだけのものではない。それは或る霊界の表現であり、流出である。」
→普通に感じている物質世界には原因があり、その原因を見ることができるようだ。

●「夢のいとなみの中にありながら、もはや夢とは言えぬようなこの新しい状態の中の神秘修行者には、これらの原因が部分的にではあるが、打ち明けられる。」「夢のいとなみの中に現れた状態を、覚醒時の意識の中にまで持ち込むことが修行者の次なる課題となる。」
→夢のいとなみを認識できるような状態にでき、それを起きているときの意識にも持ち込めれば、物質世界の原因(霊的世界?)が見えるのか。マクロビオティックでは、夢を見ない(深い眠りのみで夢を見ない)方が健康であるとされているのだが、これならば見たほうが霊的修行になるのだろうか?夢のいとなみを認識できなければ見ないほうがマシということだろうとは思うのだが。

●「この状態と修行者の日常生活との関係は、ちょうど通常の人間が積極的に感覚を働かせる場合と受動的にしか感覚を働かせない場合の関係と同じような意味を持っている。」「神秘修行者が魂の感覚を働かせると、肉体的感覚には隠されている事物が見えてくる」
→普通の物質世界は、受動的な感覚で捉えられてもので、積極的に感覚を働かせる、つまり、魂の感覚(十二感覚?)を使えば、原因まで見えるということか。

●「深い眠りの中での体験が意識できるようになった修行者の次なる課題は、それを可能な限り明確にすることである。」「これまでは、ただ思考だけで把握してきた事柄が、今まで感覚的に対象を知覚するのと同じ確かさと具体性をもって、体験できるようになる。」「神秘学は睡眠生活の意識化をもたらすこの重要な段階を意識の連続性と呼ぶ」
→夢が認識でき、さらに深い眠りまで意識できるようになるのか。意識が途絶えることがなくなるんだ。深い眠りを意識できるようになれば、思考や概念がはっきり意識できるようになるのか。思考や概念が現実世界の原因ということか?

●「集中と瞑想の行を通して、修行者は自分の魂に働きかける。そして魂の中に、霊的知覚感覚器を育成する。」
→集中と瞑想か・・・。「厳格に遵守されねば」「流産して」しまうようなので、焦らずにするしかないようだ。

(所感)
だいぶ、先の話ではあるが(今生ではできないかもしれない)、物質世界がどんなものであるかが伺える文章があるのが面白い。積極的に感覚を働かせるとはどんな感じなのかイメージさえできない。それだけ、受動的な感覚に慣らされている、物質的に慣らされているということだろう。
関連記事


  1. 2006/04/28(金) 11:35:15|
  2. いか超 勉強会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<タンパク質の音楽 | ホーム | ゲド戦記(1~3)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する