fc2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

聖なる十二夜 11日目(1月4日)

聖なる十二夜、11日目。(2006年11月がどう関係するか)ヨメの日記も参照。

春、富良野から伊達に引っ越してくる予定の知人が、今日訪ねに来るので、昼飯の準備と、昨日あまりに多く降った雪かき。

私の息子と誕生日が数日違いの同じ3歳の娘さんをつれて知人(お父さん)はやってきた。娘さんは、お母さんから離れて旅行するのは初めてでご機嫌がななめ。

昼飯は、子どもと一緒に作れる定番料理「ほうとう

しかし、娘さんのご機嫌は直らない。ならば「ガトーショコラ」はどうだ!しかし直らない。女の子は難しい。息子は食べるだろう。その前にご飯だけで機嫌が直る。

娘さんは全く食べないので、お土産に、玄米おにぎりと「ガトーショコラ」を渡したが食べてもらえただろうか?お土産として「ガトーショコラ」を包むとき、娘さんは泣き出した。ヨメ曰く、食べたいけど「食べたい」と言えない何らかの理由があると言う。確かにそんな感じであった。

駅へ送迎して行ったついでに、リンゴ箱もらいと昨日出せなかった年賀状を出す。なんだか、緊張していたことに気づく。さらに、図書館へ行く。

息子をヨメが寝かしつけている間に、電話。「ガトーショコラ」とおにぎりは、電車の中で食べたそうだ。お父さんと二人きりになったら落ち着いたのか。(私が緊張していたので緊張させたか?)電話先で、「おいしかったです。ありがとう」という娘さん。我が家の息子はこんなはっきりしゃべれない。女の子はやっぱり違うなあ。



「教育芸術1」の第十一講→「教育芸術2」の第十一講→「一般人間学」の第十二講まで読むことができた。植物に対する正しい分類を知らないと人間も植物も正しく理解できない。人間は自分の中で鉱物を分解し、自分の中で植物界を反転し、動物界を霊化する。うーん…。

深夜は寒くなったがほぼ暖かい日だった。

北海道伊達市の11日目
日照時間 4.2時間、最高温度 -0.5℃、最低温度 -8.3℃

[2006-12-25追記]
前半は暖かい日が続いたが、下旬は寒い日が続いた。通販の企画でアドベントセットを作ることになり、それでドタバタした。ホラさんともこの辺から親交が増える。薪が大量にきて一安心する

仕事関係や心情的にも当たっているし、気温的には大当たりといえる月だ。
関連記事


  1. 2006/01/05(木) 01:53:55|
  2. 聖なる十二夜(2005-2006)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<聖なる十二夜 12日目(1月5日) | ホーム | 聖なる十二夜 10日目(1月3日)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://press328.blog4.fc2.com/tb.php/61-16b4bca1