fc2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

聖なる十二夜 5日目(12月29日)

聖なる十二夜、5日目。(2006年5月がどう関係するか)ヨメの日記も参照。

マヤンカレンダーのツオルキンのKIN260の日。(KINとしては、息子の誕生日

朝起きると予想通り、あちこち凍っている。お湯でとかす。

寝ながら気づいた、家の周りに雪を固めて、縁の下に風が入らないようにすれば、暖かいかも?を実行。北側だけしか雪を固めてないので効果なし?

お店に寄って、本日注文があった品の在庫確認、質問メールのための商品確認、そして年内到着希望の方の商品発送に郵便局へ。

郵便局へ行く前に、ヨメがトイレに行きたいと言い出し、ポスフール(大型ショッピングセンター)へ。そこにアルミのマットを発見。3割引きだ。うーん。ほしい気もするが使用法が決まってないから止めよう。

注文していたコイルマットが本日到着。(防寒対策、再び参照)クロネコヤマトのセンター長みずから配達している。やはり年末は忙しいようだ。

ふわふわしている床板をビス止めでできるだけ固定し、床板の隙間を布テープで埋める。だがこのままでは、床がデコボコなので直に置くとコイルマットが痛んでしまう。ので、アルミのマットを購入することを決意。息子の昼寝に失敗したヨメとともに再度、ポスフールへ買出し。

アルミのマットを敷き、その上にコイルマットを敷く。暖かいぞ。いや、また、寒気が緩んだだけかもしれない・・。だが床からの隙間風はほぼなくなった。

「教育芸術1」の第五講→「教育芸術2」の第五講→「一般人間学」の第六講まで読むことができた。思考における目覚め、感情における夢、意思における眠り・・・

なんとか、魂の扉・十二感覚をすべて読み終わる。一般人間学と共通するところが多く、同じ事を違う角度から見たものを同時に読んでいるようでなんだか面白い感覚だった。

新規サイトの相談が来る。新規サイトの時は、どんなものか決まってないので、話がスムーズに進まない。何か作ろうとするときは、どうしても、あせってしまうが、ゆっくり確実にしてよいものにしたい。

昨日よりはあまり体感は寒くない。(コイルマットのお陰?)

北海道伊達市の5日目
日照時間 1.3時間、最高温度 -1.8℃、最低温度 -11.1℃

[2006-10-15追記]
実際の2006年5月は、4月下旬からきた仕事(BGG)の続きをする。ヨメは、託児で試行錯誤だが、色々試しているし、息子の誕生日で頭いっぱいの様子。(ヨメの日記参照) うーん。あまり関係ないかも?
関連記事


  1. 2005/12/30(金) 01:54:01|
  2. 聖なる十二夜(2005-2006)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<聖なる十二夜 6日目(12月30日) | ホーム | 聖なる十二夜 4日目(12月28日)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://press328.blog4.fc2.com/tb.php/55-6167baf6