fc2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

いか超 勉強会 初参加

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」(略して「いか超」と私は呼んでいますので、今後そのように表現します。長いですから)の勉強会に初参加しました。いずみの学校の父母有志が集まって、週一回の勉強会をしている。

旧約聖書のヨハネ福音書を最初に読む。知らなかったので全然、頭に入らなかった。来週持参しよう。

他の皆さんは、松浦 賢さん訳の本を読んでいました。
いかにして高次の世界を認識するか
いかにして高次の世界を認識するか(「いか高」になってしまう・・・)

だいぶ訳が違いますが、内容は大体同じでした。(当たり前ですが)

私の本は、シュタイナー選集第二巻の「いか超」であるため、ページはその本で今後も表します。P63~65まで読み進むことが出来た。(次回までにそこまではもう一度読まねば)

読んだところで、主催者の方から、修行の一つである「遡行」の参考に、「神秘学概論」のP349~353を読んで頂いた。

「遡行」は、一日の終わりに、1日を回想するのであるが、それを時系列で回想するのではなく、逆に回想することが重要。具体的には、眠る前なので横になりながら実行しようとする人がいるが(私もそうしていた)横になってしてはいけない。眠ってしまうから。毎日、少しでも、印象に残ったことだけでも、「遡行」することを勧める(本来は、1日すべてを「遡行」する)。オートマティックに習慣(固定概念や感情)で動くことがなくなり、何が起ころうが、重要なことか?どうでもいいことか?が瞬時に判断つくようになるそうだ。(自分を含めた状態で、客観的に見れるようになるのでは。思考と感情の分離の訓練であろう。)

具体的に、どうやるのかを色々とシェアしている内に、これは、成功者の法則である「成功している状態を具体的にイメージする」のと同じではないかとなった。「成功している状態」を出来るだけ細かくイメージできれば出来るほど、成功する可能性が高くなると言われるが、それは、成功した状態(未来)から現在まで、できるだけ細かくイメージすることで、「遡行」することと同じではないか?何か実現したいのであれば、「遡行」をして、あせらず・期待せず実行すること。

(気になった言葉)
「いか超」のP33「如何なる理念も理想たりえぬ限り魂の力を殺す。しかし如何なる理念も理想たりうる限りはすべてあなたの中に生命力を生み出す」
関連記事


  1. 2005/11/24(木) 15:39:05|
  2. いか超 勉強会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<思考と感情 2005-12-1「いか超」勉強会 | ホーム | ブラザー・サン シスター・ムーン 鑑賞会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://press328.blog4.fc2.com/tb.php/45-bc983ade