FC2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

シャンプー

シュタイナーとは全然関係ないが
 社会的な価値の面や
 経済的な面で
考えさせられる商品。

個人的にはエコロジーや玄米菜食に目覚めてからは、シャンプーは使用していない。
参考:シャンプーで禿げる!かゆい!【合成洗剤恐怖の人体実験】★阿修羅♪
このようなサイトのように過激なことを言わなくても、普通に論理的に思考すれば、自分にあったものを選択できるのではないだろうか?

シャンプーは何のために存在しているのか?
(シャンプーに社会的な価値があるのか?)

元来、人間の皮膚は、普通に分泌される皮脂が一番体にあったものである。
参考:まずは洗顔。洗いすぎていませんか?

石鹸程度のものは必要だろうが、あの合成界面活性剤の洗浄力は必要なのだろうか?(シャンプーに限らず、ボディーソープや台所洗剤、洗濯洗剤に含まれる合成界面活性剤が残留してアトピーの原因、または、悪化の原因になるとも言われている)

石鹸シャンプーというものもあるので、一概には、石鹸とシャンプーだけで比べるのもおかしいのだが、シャンプーというよりは、合成界面活性剤を含むものを、習慣的に使用しているだけだったり、CMによるイメージだったりであれば、色々と調べてから使用を考えたほうがいいだろう。(シャンプーは有用なものであるというイメージをCMで作られただけではないのだろうか?と考えてしまう。シャンプーがなかった時代でも、人々は不自由なく暮らしていた。何が変わったためシャンプーが必要になったのか?)



関連記事


  1. 2005/04/16(土) 20:30:21|
  2. 所感|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<芸術 | ホーム | 赤ちゃんは自我がない ゆえに かわいい>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://press328.blog4.fc2.com/tb.php/27-86c0c707