fc2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

赤ちゃんは自我がない ゆえに かわいい

赤ちゃんや幼児はなぜにかわいいのか?

シュタイナー的な言い方をすれば、自我がないから。(厳密にはないわけではない。)

幼児がいるだけでかわいい。この動作がかわいいとかではなく、ただ、立っているだけで、存在しているだけでかわいいのである。

うちの2歳児の息子は、どこか出かけると、知らぬ間に、お菓子を持っている。通りがかりのおばーちゃんがくれたりしているのだ。

動物も同じかわいさであろう。

シュタイナー的に精神の進化とは、大人(自我を持った状態)でも、かわいいと思われるようになればいいのではないかと思っている。

精神世界系でも他の言い方をされている。「人は本来、愛される存在である。」

そのためには、自分をそのままにありのままに表現・行動すればよい。仏教的には、無心になるということだろう。

だが自我があるということは、偏見や先入観、習慣などもついてくるので、どうゆう自分がありのままであるのかわからない。

でも、かわいい大人を時々見かける。

そんな心の状態になりたいと常々思って、息子を観察する。
関連記事


  1. 2005/04/01(金) 11:53:00|
  2. 所感|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シャンプー | ホーム | お金は精神的なもの>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://press328.blog4.fc2.com/tb.php/26-6db6d87a