シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今年も聖なる十二夜が始まった

毎年、書いていて、思ったことは、
物理的に起こったことよりも、
どこなことを感じたか?
どんな精神状態だったか?
夜の夢や夜起こったことが結構当たることなどが思い当たる。

「聖なる十二夜」が本当に来年を予測することを仮に正しいとすれば、そこからロジック的に出る結論は、最重要の日は、今日の12/25であるということ。

なのでクリスマスとして祝うのかもしれない。そして妄想が膨らむ・・・グレゴリウスの暦も、聖なる十二夜を基準に作られたのかも??(イエスが12/25に生まれている訳がないという説もあるし。もしかしてキリストがイエスに降臨した日なのか??この辺は勉強不足)

本当なら、なぜ12/25が最重要日なのかを説明したいが、ちょっと文章では分かりにくいので、図を書きたいなあと思ったけど、それを書く暇がないので、十二夜が終わった頃に書こうかと思う。(2009-12-28追記こちらに書いた

そして、今年から、細かく発生したことは書かずに、どんな気分だったかとかを簡単に書こうと思う。
関連記事


  1. 2009/12/25(金) 23:53:29|
  2. 聖なる十二夜(2009-2010)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<2009年12月25日=2010年1月予想 | ホーム | ベーシックインカムの映画 全編翻訳完了したとのことです>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。