fc2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

聖なる十二夜七日目(12月31日=2009年7月)

今日はゆっくり眠りたかったが、朝からあかんぼが泣く声が長く放置されている・・・。ヨメ、てんぱっている様子。そのため、寝てられなくなったなあっと思った瞬間、大家さんに家賃振込むの忘れているのに気付いた・・・。振込先が農協で、振込むのは月1回まで手数料無料の新生銀行。新生銀行には家賃分の金額をいれているのだが、そこから農協へ振込むのを忘れていた!

今日は、大晦日、普通、振込めないよね・・・。でも、一応振込み処理をPCからネット経由でしておく。検索すると、普通の銀行は31日まで一応動いている様子。でも農協なのでダメだろうなあ。と思いつつ色々検索するが振込まれるかどうか分からない。ダメなら、年始の挨拶のときに、謝っておこう。もし困るようならそこで支払って、振込み手続きをキャンセルすればいいし。

でも、聖なる十二夜的に考えると、1~6月まで忘れていて7月に気付いたが、そのときすでに遅く、12月まで解決しないということを暗示しているのかと思うとちょっと落ち込む・・・。

大晦日の用事は、昨日、やりきれなかったことをするという感じ。

まずは、洋子の家にいって、餅つき機を借りてくる。片栗粉が余っていたら頂戴といったら、桜井のをもらえてうれしかった。その帰り道に、お金をおろし、神棚の御札を買い、農協がやっているか気になったので、農協へ行ってみた。農協は空いていたがATMのところはシャッターが閉まっていた。窓口がやっているなら振込まれるのかな?と少し安心した。ついでに隣のACOOPで、安いものがないかチェック。MOAの豆腐が賞味期限当日のため178円が100円になっているので2個。MOAのインスタントラーメンがおいしいと我が家で好評で、桜井のラーメンよりは高いけど、5個セットを1個。それから、玄関のしめ縄。息子が獅子舞の人形100円がほしいとねだるので、100円ならよいか。我が家としてはお年玉をあげないし。

それから昨日発送し損ねたものを発送しに、クロネコへ。クロネコにはメール便しか発送に来ない。今日は、定型封筒で厚み1cm越えているような気がするものを発送する。1cm越えると160円になってしまうのだ。けど、厚みのチェックなしで80円になった。今後の参考にこの厚みは80円なのか160円なのか知りたかったのでチェックしてほしかった気もするが、まあいいか。

帰ってきたら、昼過ぎだったが、まずは餅つき機のセット。セットしスタートしてから、ヨメが作っていた具がほとんどないちらし寿司を、もらった海苔に巻いて食べ昼飯とする。

玄米餅をつくるため、餅つき機に、二晩、水に浸したもち米玄米をセットした。この機械としては玄米餅を作ることは考えられていない時代の機械なので出来るかどうかは不明。だけど、去年買って忘れていたもち米を消費するため、1.7kg全部使用する。湯気のにおいは悪くない。蒸らし終了後に見てみると一応蒸らしはOKの様に見える。果たして搗きあがりは如何に!?まあ、粒々感はあるものの、なんとか餅にはなったので、鏡餅を3つと雑煮用の餅にした。まだあるのでもう一度してみたら、少し硬めになった。むむむ。もち米の水切りはしないほうがいいかもしれないということを思った。2回目でもうひとつ玄関用の鏡餅をつくり、全部に、数日前買った見切り品のみかんをのせ完成。

本当は、餅つき機が動いている間に、薪割りしたかったのだが、また雪がふってきたのでやる気をなくした。そうそう、薪割りが出来なかったときの保険として、灯油を年始に買っておかねば、今の原油価格があがり2月の価格に影響するそうだ。1月が買い時かも??

御札を神棚の社に入れるため掃除する。これでほぼ新年を迎える準備は出来たかな?ヨメも牛蒡の長時間炊きが甘く出来上がって喜んでいた。(牛蒡を梅干とともに12時間以上煮込み続けると甘くなるのです。甘みはいれてない。)

新生銀行から振込めるかどうかがまだ気になるので、振込み状況をみると、振込み予定日が書いてあった。やはり1月5日と書いてある。ああ。今考えれば、ダメもとで農協の窓口で振込みを試してみればよかったと思ったが後の祭り。(そのためには、行く前に準備が必要なわけで出かける前にそう思えなかった以上しょうがないけど)

洋子が年末の挨拶に来た。洋子えらいなあ。毎年挨拶周りをしているのかな。手みあげに、紙袋をわたされた。そうそう、玄米餅ができたのでこちらの手みあげとして渡し、餅つき機も使わないので持って帰るというので返す。

手みあげは、ハウシュカのシャンプー。なるほど。

夜ご飯は、アニューで買った半生の蕎麦。我が家的にはこれは豪華な蕎麦。二人前700円ぐらいしたから。それを2つ買って四人前を息子含めて3人で分ける。大盤振る舞いだ!(こんなことで大盤振る舞いとはスケールが小さいが)去年は、二人前を3人で分けて、おいしいと思って食べたが、今年はそんなにおいしいとは感じなかった。釜揚げで食べたからか?多かったからか?蕎麦湯はおいしい。蕎麦の実自体はおいしいということだ。ゆで方が下手だったかも?

お風呂に入る。早速シャンプーを使う。匂いはさすがに、天然のエッセンシャルオイルなどをつかっているだけあってよい。効果がよいかどうかは続けて使用しないとわからないが、まあファーストインプレッションとしては悪くない。

お客さんのサイトの年始のご挨拶ページを製作し、1/1 0時ごろにUPLOADできるように準備する。それができたのでこの記事を書いている。今日は比較的暖かいが、薪をケチっているので寒い。

[2009-11-10追記]
何とか、滑り止めの家が見つかったので気楽になったというのもあるし、これだけ動いても見つからないので、もう半分あきらめムードあった。やはり市営住宅はダメだった。そして、本来なら、町営住宅を初日に申し込みに行くのだが、市営住宅で提出した所得証明とかが帰ってくるのを待っていたため、締め切りギリギリまで、申し込みをしなかった。7月には引越しをしなければならないことを書き添え締切日前日に申し込みをした。まあ、ダメだろうと思っていたし、もし当選したら、こんな短い時間に両親に保証人を依頼しなくてはならないので、結構大変だとも思っていたら、当選してしまった。そうか町営住宅は困り具合で当選落選が決まるのをはじめてこの段階で分かった。それからが大変。両親に保証人の書類を送って、これがまた連休に重なり、普通に送付してしまったことを後で悔やむのだが、速達で送れば数日早く書類が届いたのにと思った。書類が揃って、ようやく町営住宅の中に入れた。がその狭さにびっくり。これって本当に3LDK?一部屋が小さすぎない・・・。ちょっとがっかりしたことをよく覚えているが、引っ越す時間がないし、お金もないし、ヨメはあかんぼがいるのでほとんど手伝えないので私一人で1週間かけて引越しをした。雨とかあったし、車を借りれたり借りれなかったり、手伝ってもらったり、してもらえなかったりで、あまり順調ではなく、その上2階なので大変疲れた。階段が狭いし。玄関も狭いし。でも何とか7月中に完了したが、その前になぜか、TV局の取材を受けたり、大家さんから直せとか言われショックを受けたり、月末は、体力的にも精神的にも結構アップダウンが激しかった。

鏡餅は一応、準備できたので、それが引越し完了として現れているのだろうか?それなら合っているかも。大晦日の家賃振込み忘れで、あちこち放浪しても解決しないし、どきどきバクバクだったので、その辺は、精神的・肉体的にアップダウンで当たっているかも。ただ、12月まで解決しないということはあまり無いような気がする。ただ、私が心配しただけなので、取り越し苦労というだけで、何の問題にもならなかったし。うーん12月になにかあるのかなあ??今はまだ11月だから分からない。
関連記事


  1. 2008/12/31(水) 22:47:35|
  2. 聖なる十二夜(2008-2009)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<聖なる十二夜八日目(1月1日=2009年8月) | ホーム | 聖なる十二夜六日目(12月30日=2009年6月)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する