fc2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

聖なる十二夜六日目(12月30日=2009年6月)

今日は、保育園に遅れないように早めに起きた。

昨日焼いたCDを洋子に渡す。餅つきのために、片栗粉を3つ買ってきてほしいとのこと。3つも必要かなと思うけど。また商品をひとつ受け取る

家に帰って受け取った商品をUPLOAD。

部品が到着したので発送しようとするけど、保育園のお迎えに遅れるので本日発送を止める。

保育園に迎えに行って、近くのACOOPで片栗粉を買う。

結構たくさん人が来た。なんだか、私が餅つき機の担当になってセッチングすることになる。洋子はハウシュカ講習を始めるし、途中で郵便局に行くし、なんだかなあ。私は、自分で栽培した小豆で餡子をつくり、あとは、餅が搗き上がるのをボーっと待つのと、あかんぼの相手ぐらいであった。

結局、昨日水に浸したもち米玄米は使う時間はなく、明日餅つき機を貸してもらって、お試しでつくことにする。玄米の場合、二晩水につけるほうがよいとわかっていたので二晩浸すことがしたかったというのもある。持ち帰ったら、もち米の水が酸っぱいにおいがする。これは、腐った?でも発芽するとこんなにおいがするので、水を入れ替えて明日様子を見る。

水の入れ替えやら、薪ストーブの火が付かなかったりでごたごたしたし、あかんぼがグズグズいうし、そんなにお腹が減っていないので、晩御飯は、お餅のお裾分けで済ます。そのままヨメ寝かしつけ。またまた、私が食器などを後片付け。息子はLEGOで遊んでから、湯たんぽを入れてやったら寝に行った。

餅つきの間、写真を撮ったが、半分はデータが壊れていて、ダメになっていた。このSDカードもう寿命かな。。。もう四年以上も使い続けているし、出し入れが頻繁なので壊れても致し方ないとは思うけど。

ヨメの記事のUPLOADをして、昨日のチェック後の修正をチェックして、餅つきの写真をUPLOADして、今日の仕事は終わりだ。今日は少ない!ゆっくり過ごす。昨日の社会三層構造の返信メールが来たが、やっぱりという感じだった。

[2009-11-10追記]
6月は引越し崎が見つからず、相当あせり出したころだ。大家さんには夏前には引っ越すと言ったのだが、普通に考えたら、6月に引っ越すってことだと思うんだけど、どうしても引越し崎が見つからない。しょうがないので、長男が夏休みまで今の学校に通って、夏休みになったら引っ越すという予定で大家さんに了承をとる。そしたら、月末に、どうしても困るなら貸してやってもいいよというところが見つかる。しかし、これは結構大変な家であるので、7月市営住宅の抽選会を待って、さらに町営住宅の応募結果を待ってから、どうしてもダメなら借りますというようなことにした。

家探しのために、いろんな人に色々頼んだ。いつもとは違う人間関係だった。そう思うと、餅つきのときは、知らない人がたくさん集まって、ワイワイガヤガヤしたものだ。確かに合っている気がする。
関連記事


  1. 2008/12/30(火) 22:59:36|
  2. 聖なる十二夜(2008-2009)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<聖なる十二夜七日目(12月31日=2009年7月) | ホーム | 聖なる十二夜五日目(12月29日=2009年5月)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する