fc2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

聖なる十二夜が今年も始まった

聖なる十二夜は(本来の主旨ではないが・・・) 、
12月25日~1月5日の間で、
一日目(12月25日)が1月に、
二日目(12月26日)が2月に、
・・・
と12月まで、自分の来年の一年間の動向が分かるとのこと。これがどの程度当たるのかを確かめるため毎日その日のことを細かく覚えているだけでも書きとめようとしている。(自分の私生活を細かく書くのは恥ずかしいものだが、このBlogを始めたきっかけだったので、毎年書いている)

去年の十二夜を読み返し、それに対応する月に起こったことを追記していくうちに、4年目にしてようやく分かり始めてきた。物理的な物事ではなく、その日に感じた感覚的な想いや苦労などがその月に現れるようだ(物理的なことも全く同じになるときもあるけど)。なので、詳細な事象はそこそこに、思ったことを中心に今年は書こうと思った次第である。天候もあまり当たらない様子だが、一年を通じた流れは当たっている気がする。(今年の2008年8月はドニーさんに聞いたところものすごく熱いらしいので、1月1日も暖かい日ではないかと推測している)

今年は、福音書講義はどれを読もうか?読まないか?は、考えている最中だが、「植物への新しいまなざし」は読みたいと思っている。他、読んでいない本が山積みなので、少なからず読む物には困らない状況だ。(いいのか、悪いのか・・・)
関連記事


  1. 2007/12/25(火) 14:37:53|
  2. 聖なる十二夜(2007-2008)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<聖なる十二夜 初日(12月25日=2008年1月) | ホーム | 植物への新しいまなざし>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する