FC2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

聖なる十二夜 12日目(1月5日=2007年12月)

聖なる十二夜、12日目。(2006年12月動向予想)

昨日は、AM4:00まで起きてたけど9:30には起きた。

豆こうじの陶器の湯たんぽのお湯の入れ替え。白く固まってきた。ほぐさねば。

麦芽の水の入れ替えをしようとして、見ると芽が結構長くなった。よし!米飴仕込みの準備として、玄米で半粥をつくる。ちゃんとできたら、もち米で作ろうと思う。

今日は、石臼の取っ手加工をすると決めていた。石臼の目立てを依頼したのが秋。取っ手がないと全く廻らないほど重い石臼。なので、ずーと放置していた。ずーと気になっていた。ようやく加工するぞ。重いので、2つ(大きいのと小さいの)作らねばならない。軽ければ1つの取っ手で十分なのだが。

まず小さい取っ手に取り掛かる。段取り悪く、昼ごはんになる。

昼ごはんは、春雨、ジャガイモのサラダ。久々の春雨、久々のジャガイモのサラダ。

再度、小さい取っ手の続きをし、できたので、石臼にあわせてみると、ガバガバ・・・。ガッチョシ。

ヨメと息子は郵便局へ。(年賀状&送金)

致し方ないので、大きい取っ手に取り掛かる。作業になれたのですぐに出来る。今度は、現物とあわせながらする。石臼の取っ手用の穴の中にブロッククレヨンを塗り、引っかかるところに色がつくようにして、そこを削る・・・。それの繰り返しをした。(息子がいなくて幸い。ブロッククレヨンは息子のもの。息子が見たら、石臼に落書きされてしまう・・・。蜜蝋クレヨンだからいいといえばいいのだが)

なんとかはまり、何とか使えそうだが私としては不満。美しくない!(生活芸術を目指したいのだ) どちらにしても小さいのは作りなおしなので、材料を切る。明日、雨が降らなければ再チャレンジ。

夜御飯は、ひじき。やっぱり、私は味噌汁が好き!4杯ぐらい頂く。

取っ手加工で使ったインパクトドライバーの充電池を充電しているのだが、冷却ファンがすごく耳障りな音。充電しているかしていないかは関係なくコンセントを入れるとファンが廻るようだ。早く終わらないかなあ。

米飴の様子を見る。うーん。水分出てない。再度保温。

寝るハズの息子が戻ってきて、お風呂に入ると言い出す・・・。ヨメが、「お風呂に入りたい」と夕方につぶやいたが止めた。その感情をそのまま受け取って、入りたい!という気持ちを持ってしまったようだ。(時間差ありすぎ)仕方がないので足浴だけするヨメと息子。

シュタイナー医学入門」の第十章~最後まで読んだ。シュタイナーを知らない人が読む入門書としてもよいかもしれないと思った。人智学的には、「ハウシュカの入浴剤」や「WELEDAのバスミルク」は、水治療という治療に使われるのか・・・。温泉の入浴剤気分で使ってた。

豆こうじの陶器の湯たんぽのお湯の入れ替え。さらに固まっている。ほぐす。

また、米飴の様子を見る。水分出てない。再度保温。

取っ手の寸法を材料に書き込む。

[12月の予想]
温度としては少し高めだが、特に気になることはなさそう。今日も雨量はない・・・。今年の後半は晴れ続き?

長年の気になっていたものをしだすが、四苦八苦して、その上うまくいかず、なんだかチグハグな感じになると思う。ようやく年が終わるという気持ちになるかも?(十二夜長かった・・・。毎年そう思うけど。十三夜は・・・。)

[2008-1-6追記]
12月は11月から引き続き通販が忙しく、ドタバタだった。その上、他の仕事も横やりで入ってくるし、下旬には体調が悪化して、寝込むしで色々であった。聖なる十二夜に寝込んだといのはどういう意味だろう・・・。2008年は激変の年になるのだろうか・・・。ようやく年が終わるという気持ちはアタリ。長年気になっていたかどうかは別として四苦八苦して、チグハグなのはアタリ。

基本的に暖かかったのでアタリかな。
関連記事


  1. 2007/01/06(土) 00:50:14|
  2. 聖なる十二夜(2006-2007)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<動物の本質 | ホーム | 聖なる十二夜 11日目(1月4日=2007年11月)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。