シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

聖なる十二夜 10日目(1月3日=2007年10月)

聖なる十二夜、10日目。(2006年10月動向予想)ヨメの日記も参照

昨日早く寝たのに9時起床・・・。

晴れだなあ。薪割りするかなあ・・・。昨日も一昨日もしたのでやる気が出ない。

薪ストーブの投入口から少し煙が逆流している。煙突掃除せねば。いつもは、煙が煙突やら、薪ストーブ本体から漏れ出すまで放置して、ススだらけになるので、今回は、早めに対処。ほとんどススを落とさず出来た。これからこのパターンでしよう。

大家さんへ新年の挨拶へ行く。丁度、畑で大家さんは孫と一緒に凧揚げ。例年なら雪だらけで無理だが、今年はできる。北海道で凧揚げしているのは初めて見た。挨拶が終わりホッとする。挨拶は苦手だ・・・。

断食明けの食事を10時過ぎにとる。

豆こうじ(その3)陶器の湯たんぽのお湯の入れ替えを忘れていた。ほぼ真っ白になったので放置する。その代わり大豆を浸水して次の豆こうじ(その4)を始める準備をする。

晴れていたが曇ってきたことをいいことに、やはり、薪割りは止める。隣の家ではチェンソーの音が鳴る。(やはり、元旦・2日はそういう作業は控えていたのかな?)

ずーと気になっていた玄麦の選別を始める。バイオダイナミック農法だからといって無選別を買うじゃなかったなあ。それも15kg・・・。唐箕・・・。もう少しいいやり方はないかなあ。

ケイコさんが遊びに来る。ヨメが招待したのだ。普段、バイトと実店舗で仕事をしているのでしゃべる暇がない。正月三日は、バイトは休みだというので。招待したわりには、何も準備していないヨメ・・・。

私は、選別を黙々と続ける。

夜御飯は、ケイコさんとヨメと息子で作った手打ちうどん。手打ちはうまいなあ。

さらに選別を続ける。

ケイコさんが帰ったあとも続け、ようやく一段落。1kgしかできなかった。先は長い・・・。ついでに、麦芽の発芽をさせるためのセッティングもする。

豆こうじ(その3)を、たまり醤油の仕込みに入れ終了し、(その4)を始めるため仕込みをする。

シュタイナー医学入門」の第三章を読む。マルコ伝が長いので今日はこれだけ。意識とはそういうものか・・・。

「マタイ伝」(絶版)の第10回を、読む。すべて読み終える。

無料で見れる動画をまとめたリンクサイトを発見し、ついついいろいろなものを見てしまい、また、遅くまで起きてしまった・・・。

[10月の予想]
温度としては少し高めだが、特に気になることはなさそう。

黙々と、終わりが見えない作業をつづけるのか?でも脱線もするようだ。気になっていた挨拶も終わるので、何か終了することもあるようだ。(9月同様、予想がつかない。普通の生活かも?)あと2日・・・長いなあ十二夜・・・。(2007年が長いと思うようなことがあるのかな。)

[2007-12-25追記]
10/1ケイコちゃんと「あまから」へ(一緒に食事しているのアタリ?) 9月いっぱいで終わるはずのプログラムの仕事が終わらず、10/12まで引っ張る。12日終了予定だったが客先都合で結局、また一週間伸びた。(終わりの見えない作業だった。アタリ。12月にこの仕事が再発する) ドニーさんの講演のため10/12~15日まで外泊。豆の収穫のためのデメンが多くあった。我が家も豆収穫を続ける。出来はあまりよくないが、1年分の大豆と小豆は収穫できたと思う。サーバをSakuraからCoreServerへ移転する。(このために色々段取りをした)確かに今年は長く感じる(12月現在)。この月から通販が少しずつ忙しくなるので長く感じ始めたのかも??
関連記事


  1. 2007/01/04(木) 02:45:36|
  2. 聖なる十二夜(2006-2007)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<聖なる十二夜 11日目(1月4日=2007年11月) | ホーム | 聖なる十二夜 9日目(1月2日=2007年9月)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。