fc2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

2006-12-7「芸術と美学」勉強会

芸術と美学」の読み合わせ。前回からの続きを読む。

◆新しい美学の父としてのゲーテ(P79~P83)
●「「仮象を通してより高次の現実の錯覚を与える」ことが芸術の最高の課題」
→???

●「何を描くかと考えると感覚的なものにとどまります。どのように描くかを考えると理念が現れます。感覚的なものの中に理念が現れると、芸術は気品を有します。」
→理念がないと、どこかに似たようなものがあるものになる気がする。同じことをしていても、理念があるかないかで感じるものが違うのだろう。(このサイトの理念は「シュタイナーに興味がある間は何が何でも続ける」。シュタイナー関連のサイトって更新がなくなったところが多いので)

◆「芸術の本質」(P86~P107)
まとめてみると・・・
 舞踏芸術 平衡感覚(3次元?運動霊?形態霊?)
  ↓
 パントマイム芸術 自己運動感覚(2次元?大天使)
  ↓
 彫塑芸術 生命感覚(1次元?人格霊)
  ↓
 建築芸術(形態霊)
  ↓(エーテル体の要素がなくなる)
 絵画 インシュイション(セラフィーム)
  ↓
 音楽 インスピレーション(ケルビーム)
  ↓
 詩  イマジネーション(トローネ)
→芸術の順番は、「人智学と芸術1・2」とあっているようであってないような・・・。服飾芸術がないし・・。

(所感)
現代科学が瀕死の状態の比喩が面白い。芸術が加味されなければ、現代科学は行き詰まり感はぬぐえないのだろう。これも、どこかで読んだことがある気がするがどこで読んだのか思い出せない。
関連記事


  1. 2006/12/15(金) 23:51:08|
  2. 芸術と美学|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<翁雄正話 これでもシュタイナー 仲 正雄 講演録 | ホーム | 金星がさそり座の時に燃やした>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する