シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

金星がさそり座の時に燃やした

「金星がさそり座の時に燃やした」だけで意味の分かる人は、「農業講座」をよく読んでいる人だろう。又は、同じ悩みを持っている人だろう。

ネズミです。ネズミが寒くなると家の中で「ガジガジ」するのです。または「タタタタッタ」と天井裏で運動会をしているのです。現在の我が家は古い農家の家を借りているので、隙間がたくさん。すぐに入ってくる。

そう、金星がさそり座のときに、ネズミの皮を焼いて撒くと、来なくなるというのです。(これを応用したのか、ナチスでは、ユダヤ人を風上で燃やしたとの話をどこかで読んだ気がする。惑星と星座はどこになるのだろうか?人では効果がないと思うのだが・・・)

これは、一回してみないとと何度か思いましたが、金星がさそり座というのがいつなのかよく分かっていなかったのです。

種まきカレンダー」を見ると、2006年は、11/15~30がその時期であることに気づきました。

11月に入ると、夜に「カジカジ」しているので、ねずみ捕りで何度も捕まえました。でも、11/15前になるととたんに出なくなったのでした。私の殺気を感じたのでしょうか?

今年の冬も、ネズミに食料を齧られる対策をせねばならないかとあきらめモードでしたが、11/24に小さなネズミがチョンチョロリンと走っていくのが見えました。それまでは「カジカジ」する音はすれども姿は見えずだったのに。そうか、出産の時期だったのかもしれない。人間の怖がらない小さなネズミがうろつくようになったのだろう。そういえば去年の冬も寒い頃は、小さなネズミが姿を見せていた。

これは、捕まえられるかも!?と思い、早速、ねずみ捕りを仕掛けると、11/25深夜捕まりました。それも11/26の朝にはねずみ捕りの中で凍死していました。そんなことは初めてです。焼かれるために捕まったのか?とも思いました。

そして、寒い朝に外で、焼きました。本当ならば、皮を剥がなければならないのですが、どうやっていいか分からなかったので、そのまま焼きました。そして、皮(表面)がある程度焼けたところで、止めました。

その灰を家の周りを歩いて撒きました。さて、本当に効果があるのか?楽しみです。

[2006-12-13追記]
撒いた次の日、ネズミが勝手に死んでいるのを発見。これはすごい効果?!と思ったが、その後、大豆をかじられ、やはり、皮を剥がねば効果は薄いか・・・。それとも、微妙に種類が違うのか? こういうものの効果を実証するのは難しい。
関連記事


  1. 2006/11/26(日) 21:16:53|
  2. 所感|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<2006-12-7「芸術と美学」勉強会 | ホーム | 2006-11-9「芸術と美学」勉強会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。