FC2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人智学から見た家庭の医学

人智学から見た家庭の医学
人智学から見た家庭の医学

身体と心が求める栄養学に引き続き、健康関係の本を読んでみた。

この本は、半分ぐらいが、労働者のための講義なので「健康と病気について」と重複しているところがところどころある感じ。「健康と病気について」は、労働者のための講義の3分の1なので、早く、残りの3分の2を訳してほしいと思う。(がんばれ!ホメオパシー出版動物の本質はGOOD JOB!読まねば)

以下覚えておきたいと思ったところ。
●編訳者はしがきの中で
「夢見がちの子どもには塩辛いものがいいし、大人びた子どもには甘いものを食べさせるとよいものです。怒りっぽい子どもには、雑穀や生野菜、そして甘いものを食べさせます。気の変わりやすい子どもには乳製品を与え、砂糖と肉は控えめにします。のんびりした子どもには、雑穀・葉菜、塩味の効いたものを食べさせ、卵は避けます。そして、そもそも軽食にします。憂鬱な子どもには、蜂蜜や甘いものを与え、根菜は少なくします。」
→何歳の子どもを想定しているのだろうか?たぶん小学生ぐらいかな?自分の子どもは、いま幼児なので乳製品がよいのかなあ。(でも、牛乳ではなく豆乳にしている。)

●「子どもがジャガ芋を食べ過ぎると、中脳が非常に弱ります。中脳には、重要な感覚器官の源があります。中脳背面の上下左右には、丘のような丸みのある高まりがあります。視丘・視床などです。ジャガ芋を食べ過ぎると視覚が弱まります。視覚の源泉は中脳にあるからです。」
→ガーン。私の目が悪いのは、パソコンのし過ぎではなく、子どもの頃にジャガ芋を食べすぎたせいか?よく肉じゃがは食べたし、ポテトチップスは食べたし・・・。ここまで、シュタイナーがジャガ芋に言及するのは、よほど霊的には有害なのだろう。

●「人間は、第一に蛋白質の腐敗を克服でき、第二に脂肪の腐敗を克服でき、第三に澱粉と糖分の発酵を克服できるほどに強い」「個我が去ると人体は発酵し、アストラル体が去ると酸敗します。エーテル体が去ると、人体は腐ります。」
→人間にとって都合のいいのが発酵で、悪いのが腐敗と思っていたが、食物になんらかの自我があると発酵するということだろうか?(塩分も自我に関係しているようだし)

●「菜食主義者は、精神生活におもむかなければなりません。そうしないなら、肉食にとどまるべきです。そうしないと、記憶に障害をきたし、脳のある部分が損傷を受けます。精神生活の最高の領域を切り開くためには、果物で栄養を摂るだけでは十分ではないのです。」
→精神生活をしない人は肉食をしなければならず、体だけを考えて菜食にするのは問題があると。マクロビをするならば、その精神を理解しないと、体がおかしくなるということか・・・。マクロビは健康法というよりは、生き方の考えみたいなものだからなあ。

●「パンは秘められた意味においては、植物を殺したときにできるものです。ワインも植物を殺すことによって、つまり植物を鉱物的に扱うことによってできます。植物を焼くのは、動物を殺すのと同じことです。私たちは植物界からワインを採るとき、ある意味で、動物から血を採っているのと同じです。パンとワインは第四亜人種の象徴です。」「未来に発展するべきなのは、菜食から鉱物食への上昇です。パンとワインは放棄されねばなりません。キリストは第四亜人種に現れるかぎり、パンとワインを示唆します。「これは私の体である。これは私の血である」と言うことによって、彼は肉食から菜食への移行、より高次のものへと移行をなそうとしました。」
→聖書のパンとワインが何を表しているのかは、ずーっと疑問だった。「地下に成長する植物も、太陽の生命原則によって熱していないので、死んだものです。根は、血の染み込んだ動物の体に相当します。」も関係しているような気がする。どちらにしても、菜食から鉱物食に移行していくことだけはわかったが、何が鉱物食かわからない。

●「私たちは初め、「星人間」として宇宙に行き、星々の世界からもたらした力を、頭から作用させます。そうして、私たちは「空気人間」になります。そして、性的に成熟するとき、私たちは初めて「地球人間」になり、地球に所属します。のちには、私たちを地球に束縛する事物に所属します。このように、人間は宇宙から地球に移ってきます。」
→私は地球に束縛されているんだろうなあ。子どもは、アストラル的なんだなあ。ふわふわして、周りの事物の調整をしているのだろうか?それが親には困ったことに見えるが必要なことだったりするわけだろうか。

●「目という微小な宇宙が内部にあることが必要なのです。「この微小な宇宙は本来、大宇宙に等しい」と私たちは思います。これを明らかにしなくてはなりません。」
→ヌース理論と同じかも。さらに、目は2つある。謎は深まるばかり・・・。

(所感)
医学というからもう少し難しい話が多いかと思ったが(シュタイナーなのでそれなりに難解な部分はあるが)、家庭の医学という範囲で集められた内容のようで結構読みやすい。
関連記事


  1. 2006/07/20(木) 13:07:35|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
<<元素のレメディー | ホーム | 身体と心が求める栄養学>>

コメント

じゃがいも

たわふさん、こんにちわ。

じゃがいもって『霊的に有害』っておもしろいかも。
ドイツの主食なのにね。

さて、那須国際シュタイナー学園に通うウチなのですが、HPができました。見にきてくださいね。

http://www.geocities.jp/nasuinfo/index.html
  1. 2006/08/09(水) 05:16:20 |
  2. URL |
  3. ままりんぐ #cdpfefS.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。