fc2ブログ

シュタイナー、したいなあ

シュタイナーについて思うこと

神智学大要 第1巻 エーテル体

神智学大要 第1巻 エーテル体

シュタイナーの用語の定義がしっくりこないので、読んでみた。

エーテル体のみに重点をおいて書いてあるので、シュタイナーの本よりは、分かりやすいとは思うが、すんなりは頭に入ってこない、辞書を読んでいる気分。シュタイナーの講演録の方が面白いと思っていることに気づく。(本質は理解できてないけど)

人間の構成要素の表現が違う(秘境から科学へを参照)ので、どう関連をつけていいか悩む。だが、エーテル体の定義は、ほぼ同じと思われるので、参考にはなった。シュタイナーの本で、エーテル体だけを重点に書いてある本というのはないと思うのだが、これはもしかして、神智学を知っていることを前提に講演をしているのではないか? シュタイナーの著書「神智学」や「神秘学概論」も、この神智学をベースにして、シュタイナーとしては、少し違う解釈でまとめなおしているのではないかと思った。

第1巻とあるとおり、このシリーズは全5巻ある。
第2巻 アストラル体(上)
第2巻 アストラル体(下)
第3巻 メンタル体(上)
第3巻 メンタル体(下)
第4巻 コーザル体(上)
第4巻 コーザル体(下)
第5巻 太陽系(上)
第5巻 太陽系(下)
といっても、5冊ではない。先は長いが、アストラル体ぐらいまでは読んでみる価値があるのでは?と思っている。

「第1巻 エーテル体」のカスタマーレビューに、「全5巻でオカルトサイエンスのバイブル」、「内容は難解」とあり、難解と感じたら「芦原瑞穂の「黎明」をお勧めします」と書いてあった!「黎明〈上巻〉」「黎明〈下巻〉」はもっている!この本は神智学の本だったのか!シュタイナーの本を読み始める前に買った本で、一度読んだが、そんなに難解だった気がしない。パラパラとめくると「エーテル体」「アストラル体」とか記載されている。全然記憶にない・・・。再度読み直そうと思う。
関連記事


  1. 2006/06/28(水) 12:52:33|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
<<2006-7-6「芸術と美学」勉強会 | ホーム | 2006-6-22「いか超」勉強会>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2015/05/27(水) 19:58:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する